本文

平成29年4月分から子ども子育て拠出金料率が改定されました。 (2017.4.1)

平成29年4月分(平成29年5月31日納期限)から料率が変更されました。


【新料率】1000分の2.3(0.23%)

トピックス

 

平成29年10月から改正育児・介護休業法がスタートします。 (2017.9.1)

 

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 

平成29年9月分から厚生年金保険料率が変更になります。 (2017.9.1)

 

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 

平成29年4月分から子ども子育て拠出金料率が改定されました。 (2017.4.1)

平成29年4月分(平成29年5月31日納期限)から料率が変更されました。


【新料率】1000分の2.3(0.23%)

平成29年4月分から雇用保険料率が改定されました。 (2017.4.1)

 

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 

平成29年3月分社会保険料(4月納付分)から改定されました。 (2017.3.1)

 

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 

平成29年1月より雇用保険が適用拡大になりました。 (2017.1.4)

 平成29年1月1日より、これまで雇用保険の適用除外であった65歳以上の方も、

雇用保険の適用対象となりました。

対象となる労働者がいる場合は、ハローワークへ届出が必要となります。

  

 詳しくはこちらをご覧下さい。

平成29年1月から源泉徴収税額表が変更になります。 (2017.1.4)

 

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 

平成28年9月分から厚生年金保険料率が変更になります。 (2016.8.20)

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

 

平成28年4月分から雇用保険料率が変更になりました。 (2016.04.08)

 

 平成28年4月分から雇用保険料率が変更になりました。

  労働者負担分は1/1,000、事業主負担分は1.5/1,000ずつ引き下げられました。 

 

 詳しくはこちらをご確認ください

 

 

平成28年3月分から健康保険料率が変更になります。 (2016.03.06)

 

 平成28年3月分(4月納付分)から健康保険料率が改定されました。

  

 【鹿児島県の場合】

  • 100.2/1000→100.6/1000
  •  健康保険料率  事業主負担分:50.3/1000  従業員負担分:50.3/1000
  • (組合勧奨健康保険に加入されている事業所は、健康保険組合ごとに保険料が決定されますので、加入の健康保険組合にご確認下さい)

 

    詳しくはこちらをご確認ください。

従業員向けマイナンバー説明会のご案内 (2015.9.26)

まもなくマイナンバーの交付が始まります。ご準備の方は進んでいらっしゃいますでしょうか。

寺前事務所では、従業員の皆さま向けにマイナンバー制度の概要やマイナンバーの取扱等をわかりやすくご説明致します。

どのように準備を進めれば良いか、制度の内容はわかっていても従業員の皆さまへどのように説明したら良いか等々お困りの事業主の皆さま、お気軽にお問い合わせください。

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

平成27年9月分から厚生年金保険料率が変更になります。 (2015.8.18)

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

雇用状況報告書(高年齢者・障害者)の提出について(2015.06.08)

下記の要件にあてはまる事業主は、高年齢者及び障害者の雇用状況について、毎年6月1日現在の雇用状況を労働局又は管轄のハローワークを経由して厚生労働大臣に報告することが法律で義務付けられています。

 

【雇用状況報告の対象となる事業主】

 

鹿児島県内に本社を持ち、下記の条件にあてはまる事業主

 

高年齢者 → 会社全体で概ね30人以上の常用労働者を雇用

 

障害者  → 会社全体で概ね50人以上の常用労働者を雇用

 

 

報告用紙などは、5月下旬頃に厚生労働省から対象事業主あて郵送されます。

提出期限は 平成27年7月15日(水)までとなっております。

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

平成27年度扶養者資格再確認が実施されます。(2015.06.08)

 平成27年5月末より、協会管掌健康保険の被扶養者の方が現在もその条件を満たしているか再確認が実施されます。
 けんぽ協会より送付される「健康保険被扶養者状況リスト」により被扶養者の確認が必要になります。

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

平成27年5月から「特定求職者雇用開発助成金」の支給要件が変更になりました。

                                   (2015.05.02)

<平成27年5月1日以降> 

 

 1 助成額の変更(中小企業事業主)

 2 助成対象外となる基準の追加

 3 短期間で離職した場合の取扱い

 4 支給額の算定方法

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

平成27年4月から中小企業両立支援助成金 代替要員確保コースの拡充(2015.05.02)

 育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業を3ヶ月以上利用した労働者を原職等に復帰させ、

復帰後6ヶ月以上雇用した中小企業主に助成される額が変更になりました。

 

 ☆ 一人当たりの助成額 15万円→30万円

 

 ☆ 育児休業取得者が期間雇用者の場合10万円加算

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

平成27年4月からパートタイム労働法が改正になりました。(2015.04.07)

 <パートタイム労働法改正の概要>

 1 正社員と差別的取扱いが禁止されるパートタイム労働者の対象範囲の拡大

 2 「短時間労働者の待遇の原則」の新設

 3 パートタイム労働者を雇い入れたときの事業主による説明義務の新設

 4 パートタイム労働者からの相談に対応するための事業主による体制整備の義務の新設

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

雇用保険の給付金は、2年の時効の期間内であれば、支給申請が可能です。(2015.04.07)

  <変更前>
  雇用保険の受給者保護と迅速な給付を行うために申請期限を厳守。
  <変更後>
  雇用保険の迅速な給付のため、申請期限に申請を行っていただくことが原則ですが、申請期限を過

  ぎた場合でも、時効が完成するまでの期間(2年間)について申請が可能になりました。 

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

在職老齢年金の支給停止基準額が平成27年4月1日より変更になりました。(2015.04.07)

  在職中に受ける老齢厚生年金(在職老齢年金)を受給されている方の年金額は、受給されている

  老齢厚生年金の月額と総報酬月額相当額により、年金額が調整されます。平成27年4月1日より年

  金の支給停止の基準となる額が変更になりました。

 

<変更内容>

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

労災保険料率の改定が行われます。(平成27年4月1日施行) (2015.03.06)

    詳しくはこちらをご確認ください。

 


ひがんばな

  • クリニック開業支援業務
  • 各種助成金申請業務
  • 職場のトラブル対応
  • 就業規則 他各種規程作成整備
  • 賃金設計・退職金制度設計
  • 社会保険・労働保険手続き・給与事務代行
  • 鹿児島県社会保険労務士会(本サイト外)